YSP浜松・袋井・静岡東

YSP浜松 YSP袋井 YSP静岡東
YSP浜 松 : 053-465-4545
YSP袋 井 : 0538-43-4646
YSP静岡東 : 054-265-4546

ツーリング ほっと PHOTO

2019年5月

ヤンマー山下様

2019年5月10日 金曜日 15:00

📝

 

毎度。

 

オレの沖縄本島遠征は蜻蛉道採集行動隊が第一目標であるが、去年から三度目の沖縄本島遠征はいつもならレンタル🏍が基本だが、今回は同乗する人もおり、同乗者の希望でレンタカー🚙を利用して行動した。

今回はホンダフィットが相棒

今回はホンダフィットが相棒


それでも沖縄本島でやっかいになった食堂兼民宿での料理は絶品でオリオンビールが進むぜ🍺

お世話にになった食堂兼民宿

お世話にになった食堂兼民宿

地魚の刺身

地魚の刺身

大将自慢の出し汁とオリオンビール

大将自慢の出し汁とオリオンビール

 

 

 

 


他、半1日同乗者と沖縄本島北部をドライブ🚙
蜻蛉道採集行動隊の合間の時間を満喫した。

大宜味村のきれいな南国の海

大宜味村のきれいな南国の海

やんばるの山の中の滝

やんばるの山の中の滝

やんばる国立公園

やんばる国立公園

やんばるの山と滝

やんばるの山と滝

 


しかし今回の達成した種は4種と亜種1種の5種で、リベンジがあるため、再び沖縄本島には行動する。
今回の沖縄本島遠征はこれで任務終了として苦手な??で帰還??

ヤンマー山下様

2019年5月10日 金曜日 13:27

📝

 

毎度‼️

 

沖縄本島蜻蛉道第3弾はカラスヤンマ

カラスヤンマ♂2018年7月採集

カラスヤンマ♂2018年7月採集

カラスヤンマ♀ヤマハナップサックをバックに

カラスヤンマ♀ヤマハナップサックをバックに

カラスヤンマ♀

カラスヤンマ♀


ミナミヤンマ科ミナミヤンマ属
カラスヤンマは2013年度と2018年度の四国徳島県南部で紹介したミナミヤンマと同一種の為、採集は2018年度♂採集、今回♀採集して達成したもの、カウントはあえて入れない。
しかし♀の斑は四国、九州は無斑に近いもの、沖縄本島種のカラスヤンマは真っ黒だ。

 

 


続いて第4弾は、沖縄本島最終日に最後の賭けをしてギリギリ見事達成したウミアカトンボ

ウミアカトンボ♂

ウミアカトンボ♂

ウミアカトンボ♀

ウミアカトンボ♀

 

トンボ科ウミアカトンボ属
体長:約40~45ミリ
生息時期:4月上旬~11月下旬
生息環境:海岸から近い開放感のある池沼
特徴:ウミアカトンボと海のアカトンボと呼ばれているが、アカトンボなどアカネ属とは違い、飛来が非常に強く、静止する時も腹部を高く上げていることがある他、沖縄本島ではダム湖周辺の高い枝に静止していた。
分布:沖縄県大東諸島では定着、八重山諸島もほぼ定着している可能性ある、沖縄本島は南方からの飛来種の可能性が高い。今回情報を元に沖縄本島最終日オレの今までの経験と最後の賭けをして見事達成した。

ヤンマー山下様

2019年5月10日 金曜日 08:20

📝

 

毎度‼️

 

沖縄本島蜻蛉道第3弾はオキナワコヤマトンボ

オキナワコヤマトンボ♀

オキナワコヤマトンボ♀

オキナワコヤマトンボ♀

オキナワコヤマトンボ♀


ヤマトンボ科コヤマトンボ属
体長:約65~74ミリ
生息時期:4月中旬~7月上旬
生息環境:河川上流~中流域
特徴:日本本土に生息するコヤマトンボに似るが、一回り小型で腹部第3節の黄斑が上下分かれている
分布:沖縄本島北部~中部。

ヤンマー山下様

2019年5月10日 金曜日 08:11

📝

 

毎度‼️

 

沖縄本島蜻蛉道第2弾は、ヤンバルトゲオトンボ

ヤンバルトゲオトンボ♂翅の先端は黒褐色は非常に薄い

ヤンバルトゲオトンボ♂翅の先端は黒褐色は非常に薄い

ヤンバルトゲオトンボ♀

ヤンバルトゲオトンボ♀

 

ヤマイトトンボ科トゲオトンボ属
体長:約34~49ミリ
生息時期:4月上旬~7月中旬
生息環境:オキナワトゲオトンボ同様山の樹林に囲まれた河川源流域の水の滴る地域
特徴:オキナワトゲオトンボに非常に似ているが、ヤンバルトゲオトンボ♂の翅の先端は黒褐色斑はない又非常に薄い他、背中の棘は垂直である
分布:沖縄本島名護市より北部に生息して、沖縄本島中部より西南に生息するオキナワトゲオトンボと分かれている、以前はオキナワトゲオトンボとヤンバルトゲオトンボは同一種でリュウキュウルリモントンボと呼ばれていたが、現在はDNAでの違いで北部はヤンバルトゲオトンボ中西部はオキナワトゲオトンボと分けられた。

 

ヤンマー山下様

2019年5月10日 金曜日 07:56

📝

 

毎度‼️

 

沖縄本島で最初の蜻蛉道第1弾
オキナワトゲオトンボ

オキナワトゲオトンボ♂

オキナワトゲオトンボ♂

オキナワトゲオトンボ♀

オキナワトゲオトンボ♀

 

 

ヤマイトトンボ科トゲオトンボ属
体長約:36~50ミリ
生息時期:4月上旬~7月上旬
生息環境:樹林に山の樹林に囲まれた河川源流域の水の滴る地域
特徴:♂の翅先端部に濃い黒褐色斑がある他、背中の棘が後方に傾く
分布:沖縄本島中部及び渡嘉敷島に生息

1 2 >