YSP浜松・袋井・静岡東

YSP浜松 YSP袋井 YSP静岡東
YSP浜 松 : 053-465-4545
YSP袋 井 : 0538-43-4646
YSP静岡東 : 054-265-4546

ツーリング ほっと PHOTO

『しらびそ』の検索結果

agumastar様

2018年7月2日 月曜日 21:57

📝

 

 

今更ですが、しらびそに行くツーリング


蕎麦はサラダ仕立て?でさっぱりいただきました。

ツーリング時のランチ

ツーリング時のランチ

 

 

 


高原でコーヒー☕️を飲むとカップが貰えます。(飲んだやつ)
しのぼうろ❓って何でしょう❓

しのぼうろ?

しのぼうろ?


気になります

 

 

 

by agumastarでした

SAG48様

2016年6月5日 日曜日 07:49

📝

 

SAG47です。
5月22日、職場の同僚3人で、しらびそ高原までツーリングしてきました。

R152を北上し、兵越峠を越えて遠山郷へ。
途中、期間限定で春のモトカフェがオープンしている、木沢小学校に寄りました。
バイクで訪れたのは、昨年の11月1日の秋のモトカフェ以来。

2016年春のモトカフェ木沢小学校開催

2016年春のモトカフェ木沢小学校開催

 



東海地方や長野県を中心に、多くのライダーが集まり大盛況。
あまりの賑わいに、ねこ校長の「たかね」校長は姿を見せませんでした。

多くのライダーが集結

多くのライダーが集結

木沢小学校の校舎2階から

木沢小学校の校舎2階から

 

 

 

 


木沢小学校から下栗の里を経由し、隕石クレーター跡を通過して、しらびそ高原へ。
結構、道、悪かったです。

しらびそ高原に到着

しらびそ高原に到着

 



しらびそ高原は、新緑の時期を迎えていました。
東側は赤石岳をはじめ光岳など南アルプスの山々、西側には遠く御嶽山まで見渡すことができました。
高原の空気を吸って、リフレッシュ!

南アルプス方面

南アルプス方面

遠くには御嶽山も

遠くには御嶽山も

 

 



帰路は、R152から遠山川沿いにR418を下り、R151の道の駅信州新野仙谷平にて休憩。
とうもろこしソフトを食しましたが、意外と美味でした。

とうもろこしソフト 意外に美味し

とうもろこしソフト 意外に美味し

 

 

 

 

 

SAG47様、レポートありがとうございます😄
春のモトカフェに行ってらしたのですね!
公式サイトにも当日の様子が掲載されていますが、新型R1のようなスーパースポーツからモペットまでいろいろな車種のバイクがたくさん参加されていたようですね。
バイクを見ているだけでもあっという間に時間が経ってしまいそう。

 

トウモロコシの季節ですね〜。
コーンの中にコーンのソフト・・・。気になる。。。

まっつん様

2018年7月5日 木曜日 06:05

📝

 

XMAX250ツーリングレポート

こんにちは!
今回は月例ツーリングの相棒であるXMAX250の感想をレポートしたいと思います。

 


納車時満タン(ありがとうございます)で
今回のツーリングはR151から県道1号経由でしらびそ高原へ向かいます。
慣らしなのに、いきなりアップダウンの激しい低速コーナー満載のクネクネ峠。

 

おろしたてのせいか前後タイヤの接地感は希薄です。
サスは安いなりにも都市部レベルの路面では乗り心地は確保されていますが、
田舎の整備されていないボコボコな路面では跳ねまくりです。
タイヤの接地感の無さと合わせてこの奥が痛いサス、なんとかならないでしょうか。
海外ではXMAX250用のOHLINSがあるようなのでなんとか入手したいところ。
こんな酷い道でもシートは柔らかくてお尻が痛くなることは一度もありませんでした。
サスが吸収しきれない突き上げはシートで吸収している感じです。

風防の効果もすばらしく肩周辺よりも内側はほぼ守られている感じ
シールドの高さは標準ですがヘルメットが揺れたり嫌な風切り音も無く快適。
これならどこまでも走って行けそうです。

 


この機種にはオンボードコンピューターが搭載されていて外気温や平均燃費、瞬間燃費など
いくつかの項目が選択して表示されることができます。
さて、軽量ツアラーとしての適正が高いXMAXですが肝心の燃費はどうでしょう
じゃん(写真1)

写真1:さて、XMAXの燃費は・・・!?

写真1:さて、XMAXの燃費は・・・!?

 

メーターはどこぞの新型スクーターと違ってチャラチャラしてなくて大人の雰囲気です。
ツーリングに行って帰ってきて走行距離370km、燃費は40.7km/lと表示されています。
タンク容量は13リットルと250ccスクーターとしては巨大でガソリン残量は残り2目盛り。
リザーブに入るまで余裕があるので航続距離は400kmを超えると思います。
特に燃費を意識してなくてこの数値、立派立派。軽量ツアラーです
新潟行くのも怖くないですよ。

 

 


そうそう、毎年開かれていたスターミーティングが無くなって今年から全車種向けのイベント
YAMAHA Motorcycle Day 2018
が開催されますね。
新潟、行くぞー、新潟。

クマクマ様

2015年7月30日 木曜日 23:09

📝

 

晴天予報のこの日、愛車の青セローで、浜松から国道152号線を北上して、長野県大鹿村まで走りに行ってきました。
往復325.4㎞、ガソリン使用量は7.75リットルでした。

 


ゴールデンウィークにも152号線を終点の上田市まで行っていますが、今回は大鹿村へ南アルプスを撮りに行きました。

 


朝6時前に浜松を出ました。
早朝から暑くてTシャツで走りだしましたが、浜北のコンビニでパンを食べている時に長袖のシャツを着ました。船明ダム辺りから風が冷たくなり涼しさを感じました。

 

7時前に秋葉ダムのトンネルを潜りました。
水窪の街辺りで寒かったです。


草木トンネルを潜った直後の温度表示板では19℃(7時40分)でした。
寒くても走り続けて、県境のヒョー越に7時45分着、さすがにジャケットを着ました。
8時までいました。


ヒョー越から下る途中、中央アルプスが見えました。谷底まで下りると八重河内川沿いにある真っすぐ延びる新しい国道を走り、一気にペースが速くなりました。


道の駅・遠山郷(かぐらの湯)には8時半前に着き、5分ほど休みました。

遠山郷にて

遠山郷にて

 

 

 

 

8時50分頃、矢筈トンネル分岐、9時過ぎに、しらびそ高原分岐をそれぞれ過ぎて、9時10分過ぎに地蔵峠に着きました。

地蔵峠にて

地蔵峠にて

飯田市上村と大鹿村の境です

飯田市上村と大鹿村の境です


ここの地蔵峠には30分ほどいました。
飯田市上村と大鹿村の境です。
ちょうどカーブになっているところで、道の傾斜がキツく、セローもサイドスタンドを立てるのにタイヘンでした。

 

 

 


そして急カーブが続く下り坂と、車1台分の道幅のところを通り、10時に小渋橋に着きました。
10分ほどいました。
暑くてジャケットを脱ぎました。

 

すぐ左隣に、新しい小渋橋がありますが、元の橋の近くに、「ビューポイント、ここから赤石岳がみえます」の看板が建っています。

元の小渋橋には看板が

元の小渋橋には看板が

 

 

赤石岳はバッチリ見えました。
アルプスも盛夏で残雪は見えませんでした。

バッチり見えた

バッチり見えた

 

 

 

 

 


そして大鹿村の役場を過ぎて、鹿塩温泉入口で国道から少しそれて「塩の里」に10時20分着きました。
10分いました。

Photo

Photo

 


この後山道を登るしそろそろ給油をしたかったので近くに給油場所があるか「塩の里」で聞いてみましたが、高遠町か、中央道や153号線がある松川町まで行くしかないと言われました。
来る途中、飯田市上村の街にあるシェルは営業中なのを見てきましたが、大鹿村でも営業中のスタンドがあるだろうと思っていたものの、2ヶ所共休みでした。

 

 

 


高遠町か松川町まで行く時間がないので、更に先の分杭峠は諦めて近くの山を往復するなら燃料は足りると思い、戻って小渋橋近くから山道を12㎞・20分強登って夕立神パノラマ公園に10時55分に着きました。


ここは標高1620mです。
1時間いました。

 

南アルプス南部の荒川岳・赤石岳など間近で見られます。
山肌の緑も生き生きしていて高山植物の生命を感じます。
反対側に離れて中央アルプス、さらには北アルプスの槍ヶ岳も見えました。


昼に近い時間にもかかわらず、南アルプスは雲がかからずすっきり見えていました。
中央アルプス方面は少し雲が湧いてきましたがまだしっかり見えました。

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

夕立神パノラマ公園からの眺め

 

 

 

公園入り口で荒川岳・赤石岳・聖岳をバックに青セローを撮りました。

荒川岳・赤石岳・聖岳をバックに

荒川岳・赤石岳・聖岳をバックに


この撮影が、今回のツーリングの最大の目的です。
荒川岳・赤石岳・聖岳それぞれ過去に歩いているだけに今回青セローとの素晴らしいツーショットが撮れて嬉しかったです。
南アルプスをバックに青セローはますますカッコ良く見えました。

 

 

 


また国道まで下って戻りました。
3速でエンジンブレーキを使いながらゆっくり走りました。
登りより時間がかかりました。


12時15分過ぎに小渋橋、12時40分頃に地蔵峠、12時50分頃に分岐まで来てそこから「しらびそ高原」に向かいました。

 


13時に「しらびそ峠」に着き10分いました。
南アルプスはまだバッチリ見えていました。

しらびそ峠にて

しらびそ峠にて

 

 


そこから数分後、「しらびそ高原」に着きました。
標高は1918m、かなり高いです。
風が少し涼しく気持ち良かったです。

 

バッチリ見える南アルプスと雲が湧いている中央アルプス、そして遠く穂高連峰や槍ヶ岳も見られました。

しらびそ高原からの眺め

しらびそ高原からの眺め

しらびそ高原からの眺め

しらびそ高原からの眺め

しらびそ高原からの眺め

しらびそ高原からの眺め

ハイランドしらびそ

ハイランドしらびそ

 

 

ここにある『ハイランドしらびそ』で遅い昼飯(13時半過ぎ)にした後、14時前に出発、登ってきた道を下り、14時10分地蔵峠方面分岐を過ぎて、14時半前に矢筈トンネル分岐まで戻ってきました。


その分岐から7㎞南下して、営業中の貴重な上村のシェルに着きようやく給油をしました。

 

シェルからさらに300~400m走ると、下栗の里を経てしらびそ高原に繋がる南アルプスエコーラインの起点がありました。
道の駅・遠山郷には15時~15時半まで休憩(風呂は入らず)、ヒョー越には16時前、17時前に秋葉ダムのトンネルを過ぎて18時前に帰ってきました。

 


大鹿村には車でも度々行っていてバイクでは今回初めて、比較的駆け足で行ってきましたが、またとない好天だったので今回行って良かったです。

 

 

 

 

 

クマクマ様、レポートありがとうございます😄
夏空の青と、山の木々の深緑とのコントラストで山の稜線がはっきりして、綺麗♪


7月の26日といえば、もうすっかり夏模様で暑い日が続いていましたが、標高が高いところへ行けば“寒い”と感じる程なんですねぇ。


ここ数年は夜になっても熱帯夜が続いたりして、早朝にツーリングへ出かける際も暑く感じることも増えています。しかし、行き先の標高や平均気温なども考慮して、その場で対応できるような準備をしておきたいですね。

 

 

N/A様 オアシスカップ

2010年8月18日 水曜日 13:17

memo
ども、N/Aです。
中央構造線を走ってきました。

チャレンジレポート

ルートはR152こと中央構造線を
諏訪湖から浜松方面へ抜けようと画策
・・・してたのに、長野県大鹿村の分杭峠で通行止めらしい。




/(^o^)\ ナンテコッタイ




仕方ないので駒ヶ根の南、松川町から
県道59号よりR152に入って南下。

中央構造線の景色(要は山と山の間)を楽しみながら
酷道152号線を走る。

チャレンジレポート

そして非常に眺めが良い(というか怖い)しらびそ峠へ入り、
きっと誰もが 『こんな急な斜面に家が建ってる・・・』的な感想を抱く
「日本のチロル」と呼ばれる下栗に抜ける。

チャレンジレポート

その後は再びR152に出て南下し、
断絶国道たる所以のひとつ青崩峠を迂回する兵越峠へ。

R152(静岡県側)へ入り、そのままひたすら南下。
時間が無かったためそのまま天竜川沿いに天竜まで下って行きましたが、
時間(と体力)があるなら天竜スーパー林道へ入りたかった・・・

さて、あとは帰るのに天竜から県道40号で掛川まで抜け、
R1に出て帰路。

ちょっと長い距離かもしれませんが、
この一周ルートは個人的にはお気に入り。

チャレンジレポート

お試しあれ。


3,954 / 3,000 km




N/A様、レポートありがとうございますhappy01
分杭峠の通行止めは、先月の大雨による崖崩れの影響でしょうか?
早く復旧できるといいですね。
大鹿村中央構造線博物館のWebサイトをのぞいてみたら、ワクワクが止まらない!!
N/A様のレポート&写真を拝見すると、ここは車よりもやっぱりバイクですね♪
お気に入りルートをご紹介いただきありがとうございますっっっhappy02

1