クマクマ様

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >

📝

 

絶景とセロー

絶景とセロー

 

 

2週間前の4日(日)朝、長野県高ボッチ高原で撮りました。
クルマではたくさん行ったのですが、ようやくセローで行ってきました。

 


高ボッチ山は、塩尻市と岡谷市の境にあって、南北中央アルプス、八ヶ岳、富士山、御嶽山など3,000メートル級の山々が見られる絶景地です。手前に諏訪湖、遠くに八ヶ岳、富士山、南アルプスが見られる南の景色が素晴らしいです。

諏訪湖の周りに、夜明けは街明かり、夕方からは夜景も見られます。

 


山頂までは駐車場から10分ほどゆっくり歩いて行けます。駐車場までは、長野自動車道の岡谷インターチェンジから30分位です。インターを出て国道20号線を塩尻方面へ。塩尻峠を越えて暫く行くと高ボッチ高原に登る道があります。

 

 

 

 

 

📝

 

今日の夕方、友達とプチツーリングで豊川&豊橋まで走ってきました。
往復120kmと短いですが、初めて寄ったところ2カ所をレポートします。

 



国1で潮見バイパスの区間を終えると、豊橋市街地に入るまで、クルマが全然無くガラガラにすいていました。豊橋の街を避けて東名音羽蒲郡IC手前まで繋がった国道23号線バイパスにクルマの流れが変わったんでしょうね。

まずは、国道151号線から少し東側に入った「コロナの湯」です。

17時34分、コロナの湯にて(1)

17時34分、コロナの湯にて(1)

17時34分、コロナの湯にて(2)

17時34分、コロナの湯にて(2)



JR飯田線の牛久保駅近く、豊川コロナワールドの中にあります。
スーパー銭湯以外に、シネマ、ボウリング、パチンコ、ゲーム、フードコート、ホテルなどの施設があります。

本来は、本宮山近くの「本宮の湯」(おととし8月にレポートあり)に行こうとしましたが、牛久保駅近くまで来たら雲行きが怪しく、小雨(霙っぽい)が降ってきたので諦めました。

「コロナの湯」には、「アクアレビュー」という強力流水全身マッサージがあり気持ち良かったです。

 

 

 


その後、豊橋の街まで戻り、菜めし田楽の「きく宗」へ。

17時53分、きく宗にて(1)

17時53分、きく宗にて(1)

17時54分、きく宗にて(2)

17時54分、きく宗にて(2)

17時54分、きく宗にて(3)

17時54分、きく宗にて(3)



こちらの店は、江戸時代の文政年間創業で200年の歴史を持ち、旧東海道の吉田宿に残る老舗です。
20年以上前からこちらの店は知っていましたが、行ったのは今回初めてでした。
建物の外観に風情があり、京都の街にいる感じがありました。

浜松からは、国1を走って豊橋の街中で国道259号線(田原&伊良湖岬方面)に入り、1つ目の信号を右折して、数百メートル走った左側にあります。

17時55分、きく宗にて。青セロー

17時55分、きく宗にて。青セロー



細かく刻んだ大根の葉を混ぜた「菜飯」と、こんがり焼いた豆腐に秘伝の味噌(八丁味噌?)を塗った田楽、美味しかったです。

18時14分、菜めし田楽定食(1)

18時14分、菜めし田楽定食(1)

18時15分、揚げ豆腐

18時15分、揚げ豆腐

18時18分、菜めし田楽定食(2)

18時18分、菜めし田楽定食(2)



今まで食べた中でも、また違ったメニューになりました。

 

 


行きも帰りも風が強く冷え込みました。帰りの国1浜名バイパス、19時10分頃の今切の橋で気温4℃でした。

 

 

 

 

クマクマ様、レポートありがとうございます😄
まだまだ寒い日が続いていて、ちょっとバイクで出かけるのが億劫になりがちですが、でもいざバイクに乗ってしまえば楽しい時間が待っている♪
そして、美味しい田楽にも出会えますね〜(^^)

📝

 

3日前の4日(土)、往復国1で箱根甘酒茶屋(箱根町畑宿)までセローで走ってきました。往復365km、使ったガソリンは9.73リットルでした。


次の日(5日)が雨予報になっていたため、前日に思いっきり走りに行きました。また、先月下旬にパワービームをつけてもらいました。

パワービームを装着したセローと箱根へ

パワービームを装着したセローと箱根へ

 

 

 

 

朝8時半に浜松を出ました。
途中、袋井のコンビニでパンを食べて、金谷から、東名牧之原SAまで30km、50分弱往復した後、また金谷に戻り国1を進みました。

 

藤枝バイパスでは相変わらずの渋滞で、できる限り、すり抜け。
静清バイパスに入るところでも渋滞。


国1富士川橋のたもとに着いたのが昼少し前でした。
ここで富士山とセローのツーショットを撮りました。

富士山と一緒に

富士山と一緒に

 

富士山に少し雲がかかり始めました。
この時、富士市の製紙工場の倉庫で火災があり、黒煙が空高く舞っていました。
近辺の国1を走っている時、消防車が現場近くにとまっているのを見ました。近くを通り過ぎて離れても、遠くに煙がよく見えました。

 

 

 

 

沼津の市街地で国1から離れて、YSP沼津に寄りました。
13時半頃に着きました。店の前の道(国道414号線)は大渋滞でした。

YSP沼津へ

YSP沼津へ

YSP沼津へ

YSP沼津へ

 


また国1に戻り、県境の箱根峠を越えて芦ノ湖の湖畔から旧街道の県道に入りました。
湖畔の国1も渋滞していました。

県道に入ってから急坂を走ること2kmで、甘酒茶屋へ。
ここに着いたのが15時半少し前でした。

 

途中、箱根新道やターンパイクそれぞれの起点辺りも走りましたが、路肩に雪がありました。道中それ以外のところには雪は無かったのですが、路面が所々濡れていました。

箱根峠にて

箱根峠にて

15時4分、富士山・芦ノ湖をバックに(道の駅箱根峠から300m先)にて

15時4分、富士山・芦ノ湖をバックに(道の駅箱根峠から300m先)にて

 

 

 

 

甘酒茶屋は、江戸時代初めから400年続く、旧東海道の老舗茶屋です。セローに乗る前もよく来ました。
辺りは険しい山道で、江戸の昔は歩くのがタイヘンだったと思います。県道も急坂です。

15時23分、甘酒茶屋にて(1)

15時23分、甘酒茶屋にて(1)

15時25分、甘酒茶屋にて(2)

15時25分、甘酒茶屋にて(2)

 

 

 

この店で、甘酒を2杯飲み、冷えた体を温めました。
味噌おでんも食べました。
16時前までいました。

15時44分、甘酒茶屋にて(3) 甘酒と味噌おでん

15時44分、甘酒茶屋にて(3) 甘酒と味噌おでん

 

 

 

 

濡れた路面が凍るかもと心配しながら急いで箱根路をあとにしました。
気温は、16時10分頃の芦ノ湖湖畔で8℃、箱根峠で5℃でした。

 

 

 

国1を浜松方面に走ります。日が暮れるころから冷え込み、寒かったです。
静清バイパスに入ってすぐに元の国1に向かいました。
道がよくわからないまま『野生の勘』で走り、清水区大曲の「追分ようかん」の店がある信号から、無事国1へ。

 

 

 

営業時間終わりごろに、YSP静岡東に寄りました。原川店長や中根さんと久しぶりにお話しました。

18時47分、YSP静岡東にて

18時47分、YSP静岡東にて

 

 

そのあと、国1を伝いながらも途中で晩御飯を食べて、浜松に帰ってきたのが、21時でした。

 

 


パワービーム装着で、足元に伝わる振動が無くなったように思います。
グリップに伝わる振動もかなり減りました。まだ、東名など高速を走っていないので、高速走行でどれだけ変わるか、楽しみです。

 

 

 

 

クマクマ様、レポートありがとうございます😄
二輪用の制振ダンパー・ヤマハパワービーム、効果を発揮しているようで良かったです!
発売当初から好評のパワービーム、利用者のみなさんは「一度使うと手放せなくなる」と気に入ってくださっています。
高速道路走行での制振効果についてもまたぜひお聞かせください。

📝

 

皆様あけましておめでとうございます。
昨年はタイヘンお世話になりありがとうございました。
クマクマを今年もよろしくお願い致します!

 

青セローと共に過ごした昨年は、あちこちの集まりに出かけて友達がたくさんでき充実しました。
またツーリングで、遠く、福井県三方五湖、千葉県房総半島、東京日本橋など、クルマでほとんど行っていないところを走れて良かったです。

 

今年も、クルマで行ったことがないところを中心に、青セローであちこち走りに行きたいです。
また、たくさんの方々と交流を深めたいです。

 

 

 

年末の29~31日に、クルマでですが、和歌山県紀伊半島に行きました。
那智勝浦町にある色川富士見峠へ。標高900メートルで、1年前にも行った富士山最遠望地です。
今回もここから富士山を撮ることができました。

 

那智大滝近くの民宿に連泊しました。

 

29日は伊良湖から朝一番のフェリーに乗って、夕方に撮影地の色川富士見峠を下見しました。
フェリーを降りてすぐ、伊勢志摩スカイラインの朝熊山頂展望台か ら、アクトタワーをうっすら写すことができました。

29日9時45分、朝熊山頂展望台から見た、うっすらと、今切の橋とアクトタワー(真ん中

29日9時45分、朝熊山頂展望台から見た、うっすらと、今切の橋とアクトタワー(真ん中

 

 

 

30日の朝は気温マイナス4℃~マイナス5.5℃の中、風弱く、寒さに震えることなく肉眼でもよく見えました!

30日6時31分

30日6時31分

30日6時39分

30日6時39分

30日6時48分

30日6時48分

30日6時57分

30日6時57分

30日7時2分

30日7時2分

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

富士山日本最遠望の地

ロープがある岩場を登って撮影地へ

ロープがある岩場を登って撮影地へ

林道から、左にロープがある岩場を登る

林道から、左にロープがある岩場を登る

 

 

その後、近くの山(大雲取山)を探索したのち、午後は串本町の紀伊大島や潮岬まで足をのばしました。

 

 

 

 

31日の朝はマイナス3℃~マイナス3.5℃で、前日よりも気温は少し高いですが風が強く凍えました。
霞んでいて目でわからず、何とか撮ることができました。

31日6時34分

31日6時34分

31日6時39分

31日6時39分

31日6時40分

31日6時40分

31日6時50分

31日6時50分

 

 

 

その後、寄り道をしないでフェリー経由で浜松に帰りました。鳥羽に着く前、再び朝熊山頂展望台に寄り、富士山が見えました。

31日12時20分、朝熊山頂展望台から見た富士山

31日12時20分、朝熊山頂展望台から見た富士山

 

 

 

 

クマクマ様、レポートありがとうございます😄

一昨年に続き日本最遠望の地からの富士山撮影成功おめでとうございます!

2017年もクマクマ様と青セローさんに新しい出会いがたくさん訪れることをスタッフ一同お祈り申し上げます。

📝

 

今月3日(土)の午後から夕方、愛車のセロー様で、都心を初めて走りました。

 

東名を起点まで使った後、環八経由で国1を伝って寄り道しながら日本橋まで行きました。
帰りも同じ道で東名を使い、圏央道の海老名インターチェンジで降りて、事前に泊まる予約をした宿へ。
翌日はセローカフェミーティングに参加して、雨を避けるため夕方に浜松に帰ってきました。

 

 


東京駅中央口にて
クルマが少なくて、シャッターチャンスはたくさん

東京駅中央口にて

東京駅中央口にて

東京駅中央口にて

東京駅中央口にて

 

 

 

 


日本橋にて
日本の国道の起点、江戸時代は五街道の起点。
クルマ通りが多いけど、信号が変わるタイミングで、クルマが無い時が意外と多く、シャッターチャンスも多い

日本橋にて

日本橋にて

日本橋にて

日本橋にて

 

 

 

 


皇居二重橋 前にて
東京駅からも歩いて行ける距離ながら、広い空間に緑が多い

皇居二重橋前にて

皇居二重橋前にて

 

 

 




東京タワー 前にて
目の前に来たのは実に30年ぶり!今回は寄っていません。

東京タワー前にて

東京タワー前にて

 





品川駅にて
反対側の出口には高層ビルがたくさん建つけど、こちらの出口はこじんまりとして雰囲気がある

品川駅にて

品川駅にて




クルマが多くバイクの運転も怖かったですが、また都心を走りに行きたいです。

 

 

 

 

 

クマクマ様、レポートありがとうございます😄
東京都内の中心部でも、背景に走行中の車が入らずに写真を撮れるんですね〜。
特に東京駅前なんて、ひっきりなしに車が行き来しているイメージだったので驚きです!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >