YSP浜松・袋井・静岡東

YSP浜松 YSP袋井 YSP静岡東
YSP浜 松 : 053-465-4545
YSP袋 井 : 0538-43-4646
YSP静岡東 : 054-265-4546

ツーリング ほっと PHOTO

矢田拓馬様

矢田拓馬様

2017年9月5日 火曜日 21:38

📝

 

 

YSP静岡東で納車して貰ってから2年とちょっと。走行距離は16000kmオーバー。
メインバイクのCB250Fより高速走行が得意なので主に高速道路を使うロングツーリングに使ってきたR3ですが、この度リニューアルしました。



これまで、まさかの立ちごけ1回、台風で倒されること1回。その度にバーエンドや特にアッパーカウルにキズが入りました。

まず最初は立ちゴケで付いたアッパーカウルのキズ隠しにカラーモールを貼り付けて誤魔化した(笑)スタイルをCustom Repair Ⅰとして、台風で倒されてさらにもう片側のアッパーカウルにキズが入ったので、カラーモールはやめて、モンスターキズステッカーで隠したスタイルをCustom Repair Ⅱと勝手に呼んでました。

YZF-R3 Custom Repair I 右側

YZF-R3 Custom Repair I 右側

YZF-R3 Custom Repair I 左側

YZF-R3 Custom Repair I 左側

YZF-R3 Custom Repair II 右側

YZF-R3 Custom Repair II 右側

YZF-R3 Custom Repair II 左側

YZF-R3 Custom Repair II 左側

 

 


これまではDIY感漂う拙い改修でした。カラーモールも微妙に左右で貼り付き方が違ったり、モンスターキズが片方だけ走行中に剥がれて1本になったりと。
そんなツギハギを見かね、ついに、思い切って3番目のスタイルを取ることを決断しました。やったというか近場のバイク屋さんにやってもらったことは実に簡単!アッパーカウルの全交換w
ただし、僕のR3は2015年式ですが、交換したアッパーカウルは2017年式のものにしました。こうすることで配色がほぼブルーのみになりました。

YZF-R3 Custom Repair III 右側

YZF-R3 Custom Repair III 右側

YZF-R3 Custom Repair III 左側

YZF-R3 Custom Repair III 左側

YZF-R3 Custom Repair III 前側

YZF-R3 Custom Repair III 前側


あとは、自分でステッカーなどを貼り付けてとりあえずは完成。
2度の横倒しの経験で、倒れるとアッパーカウルの損傷しやすい場所は把握できたため、ヘッドライト横のカーブを描いている部分(写真赤丸部分)に何らかの保護を付けることでこの改修は完全なものになります。今のところ、カラーモールやプロテクターシールなどを取り付けることを考えてますが、もし、何か保護できる用品などがありましたら、ご紹介頂けると幸いです( ̄^ ̄ゞ

横倒し時のアッパーカウルの損傷しやすい場所

横倒し時のアッパーカウルの損傷しやすい場所

 



少し前に大型二輪免許を取得して、一時期買い替えを考えて3度目の改修は悩んでました。しかし、いつかは乗り換えるかもしれなくとも、もうしばらく乗ることにし、やはりこのままの姿ではバイクに申し訳ないのでアッパーカウルの交換を決断したんですが・・・手放したくなくなりました(笑)

 

 

 

 

 

矢田拓馬様

2015年10月19日 月曜日 00:59

📝

 

忙しくてなかなかレポートが書けませんでしたが、まとめて書いちゃおうと思います。

 

 

9/20、名古屋には、友人がライブをするということで見物に行来ました。
その帰りに浜名湖周辺を回ってきたのですが、弁天島の鳥居を発見しました。
その弁天島の鳥居をバックにR3の写真を撮りました。

弁天島の鳥居をバックに

弁天島の鳥居をバックに

 

なかなか良く撮れてると、自画自賛しております(笑)

 

 

 

 


そして、ちょっと間が空いて、10/3の全日本モトクロス選手権 第九戦 twitterで安原さや選手の勧めで初めてモトクロスのレースを見に行くことにしました。
レースは非常に熱いものでした。日差しも暑かったですが(汗)

 

バイクがあんなに跳ねるものだとは思いませんでした。
あんなに白熱したレースは見たことありません。
というのも、レースを直接見たのはこれが、初めてできっと、テレビで見てもあんなに興奮することはないと思います。

全日本モトクロス@関東大会

全日本モトクロス@関東大会

 

SUGOの第10戦には都合が付かず、見に行けませんが、来年はこのレースをできるだけ見に行こうと思います。


なお、一度レースが始まると、誰が誰だか、正直分からなかったんですが、安原さや選手のこのバイクだけは一発で分かりました(笑)

#2 安原さや選手のYZ85

#2 安原さや選手のYZ85

 

 

その安原選手はレディースで優勝といきなりやってくれました。

安原さや選手、優勝!

安原さや選手、優勝!

 

 

 

 

 

 

そして、その次の翌々週、YZF-Rミーティングです。
R6、R25/3、YZF-R1M、サンダーエースなどが続々と集結していました。壮観な光景でした。

YZF-Rミーティング@コミュニケーションプラザ

YZF-Rミーティング@コミュニケーションプラザ

YZF-Rミーティング@コミュニケーションプラザ

YZF-Rミーティング@コミュニケーションプラザ

YZF-Rミーティング@コミュニケーションプラザ

YZF-Rミーティング@コミュニケーションプラザ

 

ジャンケン大会で色々な景品が放出されましたが、結局、一つも手に入れなかったのは残念でした。
しかし、twitter上での知り合いとごく僅かながらも直接会え、このことはバイクという共通点を介して人間関係が広がっていく可能性を感じさせてくれました。これだけでもミーティングに参加した甲斐がありました。

 


11/8のバーベキューの参加でも知り合いが増えることを期待したいものです。

 

 

 

 

 

 

矢田拓馬様、レポートありがとうございます😄
R3さん、いろいろなところに連れて行ってもらえているのですね♪


名古屋もオフロードビレッジでの全日本MXでもYZF-Rミーティングも、“出会い”と“仲間”がキーワードですね!
11月8日(日)開催の「BBQツーリング in 御前崎」では、一緒にBBQ卓を囲んだり、ゲームをしたりと企画をしていますので、ぜひ新たなバイク仲間をたくさん作ってくださいネ。

矢田拓馬様

2015年8月30日 日曜日 12:36

📝

 

ヤマハ発動機本社に行ってきました。
R3が納車されたら、ぜひとも行こうと決めていた場所でした。

 

中には最新のバイクから古いバイクまで展示されていました。
例えば、ヤマハの最初のバイク『YA-1』から最新の『YZF-R1』などが置いてありました。もちろん、YZF-R25も。でもR3は見なかったな。

 

YA-1

YA-1

 

 

 

 

 

他にもボートなどの展示もありましたね。

ボートもあります

ボートもあります

 

 

 

 

 


そして、今回のツーリングの目玉の『MT-25』です。
このために行ってきたようなものです。

「MT-25」とご対面

「MT-25」とご対面

 

 

 

 

 

 

そして、最後にR3の里帰りを記念してヤマハ本社とコミュニケーションプラザをバックに一枚撮りました。

里帰りを記念して・・・

里帰りを記念して・・・

 

 

 

 

今度行くときは10月のYZFミーティングかな。

 

 

 

 

 

 

 

矢田拓馬様、レポートありがとうございます😄
ヤマハコミュニケーションプラザ、最新モデルから懐かしいモデル、日本にはない海外モデルや「えっ、これもYAMAHAなの?」なものが展示されていて楽しいですよね♪
定期的に展示モデルが入れ替えられているので、“間違い探し”的要素もあったり・・・。

 

R3さんも、YAMAHA本社訪問を喜ばれていたのでは!?

1