YSP浜松・袋井・静岡東

YSP浜松 YSP袋井 YSP静岡東
YSP浜 松 : 053-465-4545
YSP袋 井 : 0538-43-4646
YSP静岡東 : 054-265-4546

ツーリング ほっと PHOTO

みずちん様

2018年9月15日 土曜日 23:14

📝

 

 

みずちんです。

 

XJR。
何回車検に出しましたかねー。
もー13年目?
今じゃーキャブは絶版車。しかしここに来て、ん?何か加速悪いなぁとか、こんなに振動あったかなぁと感じていました。
古いから色々ガタもくるのかなぁ、と。

 

 

今回の車検でインシュレーターを交換しました。
キャブからエンジンの通り道ね。
ヒビが入って見映えがよくなかった。

交換した

交換した

 

車検など担当してくれたメカニックのTさんから「キャブの同調が狂ってましたよ。調整しておきました。」と。

車検上りの帰路、まぁーー!!アクセルつきのいいこと!
振動のないこと!!シルキーさが戻ってきました。
長年の間に少しずつヅレていってたんですね。

 

ありがとうございます
XJRライフまだまだ楽しめそうです。
同調が大事。
そだねー

ワタナベ様

2018年8月26日 日曜日 20:06

📝

 

こんにちは
ワタナベです。

 

暑い日がつづきますね~

 

盆休み、セロー乗らず終いでありましたので
この週末は、ちょっと豪華にフェリーなんかに。

土肥港

土肥港

海を渡って

海を渡って

フェリーは県道223号線

フェリーは県道223号線

クジラも見れるらしいです

クジラも見れるらしいです

富士山

富士山

下船

下船

清水港には砕氷船しらせ

清水港には砕氷船しらせ

日本平から清水港

日本平から清水港

 

 

 

で、海をわたっていって先が・・・

 

 

 

 

 

お店でした(笑)

んでもってお店

んでもってお店

 

 

ではまた!

ヤンマー山下様

2018年8月15日 水曜日 17:40

📝

 

毎度‼️

 

北海道蜻蛉道採集行動は今回はたった2日間の遠征で広い北海道で4種達成したこととイイジマルリボシヤンマが達成したことはいい結果だったと思う。

あれから道東から、MT-09で一気に千歳まで走り、千歳で人と会って、次の日札幌へ。
そして小樽へ来て、小樽駅と小樽の街をバックにオレのMT-09を。

小樽にて

小樽にて

小樽にて

小樽にて

 

 

 

 

そして小樽港では帰りの新潟行きの⛴️にオレとMT-09は帰還へ、さらば北海道‼️

乗船するフェリーと

乗船するフェリーと

乗船するフェリーと

乗船するフェリーと

 

 

次の日の午前、新潟に到着・・しかし浜松迄600キロ。

新潟に到着

新潟に到着

 

なんとか無事に帰還した。

ヤンマー山下様

2018年8月14日 火曜日 18:56

📝

 

毎度‼️

 

北海道道東蜻蛉道採集行動遠征で第3弾と第4弾。

 

 

モリトンボ

モリトンボ

モリトンボ

モリトンボ

モリトンボ

 

 

エゾトンボ科エゾトンボ属
体長:約52~58ミリ
生息時期:7月中旬~9月下旬
生息環境:樹木など薄暗い池沼など
特徴:翅の基部に橙黄色くなる種は以前キバネモリトンボ、翅の透明な種はモリトンボと分けられていたが、翅の変異以外同じな他、その中間な種も存在するため、モリトンボに統一された
分布:北海道及び青森県一部。

 

2年前東北青森県遠征で目標していた種である。

 

 

 

そして北海道道東遠征で最大の目標種であるイイジマルリボシヤンマ。

イイジマルリボシヤンマ

イイジマルリボシヤンマ

イイジマルリボシヤンマ

イイジマルリボシヤンマ

 

ヤンマ科ルリボシヤンマ属
体長:約64~71ミリ
生息時期:7月上旬~9月中旬
生息環境:寒冷地の高層湿原
特徴:ルリボシヤンマ属の中ではマダラヤンマに次いで小型で横胸真ん中に斑紋がはっきりあること、♀の上付属器が太長い
分布:北海道のみ生息

 

このイイジマルリボシヤンマを採集することが、最大の任務であった。
今回の北の蜻蛉道採集行動はこれで目的が果たされた。
任務遂行状況おわり、浜松に帰還する・・ここ北海道だから、

ヤンマー山下様

2018年8月13日 月曜日 20:13

📝

 

毎度‼️

 

北の蜻蛉道採集行動、第1弾、2弾は・・・。

キタイトトンボ

キタイトトンボ

キタイトトンボ

 

イトトンボ科エゾイトトンボ属
体長:約27~33ミリ
生息時期:6月中旬~9月中旬
生息環境:平地の池沼に隣接する湿地
特徴:腹部第2節の斑紋がワイングラス型であり、エゾイトトンボ属の中では最も小型で、淡い青色である
分布:北海道のみ生息

 

 

 

エゾアオイトトンボ

エゾアオイトトンボ

エゾアオイトトンボ

 

アオイトトンボ科アオイトトンボ属
体長:約35~43ミリ
生息時期:6月中旬~9月中旬
生息環境:平地~山地の池沼

特徴:同属のアオイトトンボに非常に似ているが、本種は翅の円紋が太短い他、♀の産卵管が、上付属器より長い
分布:北海道のみ

 

 

 

とりあえず2種達成した。

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >