YSP浜松・袋井・静岡東

YSP浜松 YSP袋井 YSP静岡東
YSP浜 松 : 053-465-4545
YSP袋 井 : 0538-43-4646
YSP静岡東 : 054-265-4546

ツーリング ほっと PHOTO

ヤンマー山下様

2018年5月6日 日曜日 13:16

📝

 

毎度‼️

 

石垣島遠征第13弾

 


リュウキュウギンヤンマ

リュウキュウギンヤンマ

リュウキュウギンヤンマ

ヤンマ科ギンヤンマ属
体長:約85~95㍉
生息環境:比較的大きな池沼
生息時期と分布:鹿児島県トカラ列島より南にほぼ一年中生息する
特徴:特に♂の腹部は細長く、ヤンマ科の中では最も大きく東北日本型のオニヤンマ2016年8月紹介よりも大きい、2011年7月に紹介したオオギンヤンマと似ているがさらに大きい

 

 


ヒメキトンボ

ヒメキトンボ

ヒメキトンボ

ヒメキトンボ

ヒメキトンボ


トンボ科ヒメキトンボ属
体長:約30~37㍉
息環境:比較的大きな池沼
生息時期:3月下旬~11月中旬
特徴:♂の翅の広く橙色になるが♀は透明
分布:沖縄県宮古島より南に生

ヤンマー山下様

2018年5月6日 日曜日 12:54

📝

 

毎度‼️

 

石垣島遠征第11、12弾

 


アカスジベッコウトンボ

アカスジベッコウトンボ

アカスジベッコウトンボ

アカスジベッコウトンボ

アカスジベッコウトンボ

トンボ科ナンヨウベッコウトンボ属
長:約37~45㍉
生息環境:池沼や湿地
生息時期:4月下旬~11月下旬
特徴と分布:翅のほとんどが♂は濃い赤褐色、♀は褐色に覆われている他、2006年沖縄県与那国島で発見、2009年西表島、2012年石垣島と発見された種で今後北上する可能性が大きい

 

 


ベッコウチョウトンボ

ベッコウチョウトンボ

ベッコウチョウトンボ

ベッコウチョウトンボ

ベッコウチョウトンボ

トンボ科チョウトンボ属
体長:約33~43㍉
生息環境:湿地の覆い茂る池沼
生息時期:4月上旬~11月下旬
特徴:翅全体に褐色のべっこう模様が広がる他、模様は様々特徴がある
分布:鹿児島県奄美諸島より南に生息

ヤンマー山下様

2018年5月6日 日曜日 12:32

📝

 

毎度‼️

 

石垣島遠征第9、10弾

 


ヒメホソサナエ

ヒメホソサナエ

ヒメホソサナエ

ヒメホソサナエ

ヒメホソサナエ


サナエトンボ科ホソサナエ属
体長:約45~53
生息環境:河川上流域
生息時期:4月中旬~8月中旬
特徴:腹部が細長く、河川上流域の葉などの植物に止まっていることが多い
分布:沖縄県石垣島と西表島のみ

 

 

 


アカナガイトトンボ

アカナガイトトンボ

アカナガイトトンボ

アカナガイトトンボ

アカナガイトトンボ

イトトンボ科ナガイトトンボ属
体長:約43~50㍉
生息環境と特徴:樹林のある河川上流~中流に生息するイトトンボ科唯一の流水性種であり、腹部が非常に長く体も♂は赤みがあるため、アカナガイトトンボと命名
生息時期:4月上旬~11月上旬
分布:沖縄県沖縄本島より南に生息

ヤンマー山下様

2018年5月6日 日曜日 11:23

📝

 

毎度‼️

 

石垣島遠征第7、8弾

 


オオキイロトンボ

オオキイロトンボ

オオキイロトンボ

オオキイロトンボ

オオキイロトンボ

トンボ科オオキイロトンボ属
体長:約50~58㍉
生息環境:水草など浮葉植物の覆い茂る池沼
生息時期:4月下旬~10月中旬
特徴:翅が大きく、全体的黄色で後翅基部は濃い褐色の他体全体的に黄色褐色の為オオキイロトンボと命名
分布:沖縄県慶良間諸島より南に生息する

 

 


ホソミシオカラトンボ

ホソミシオカラトンボ

ホソミシオカラトンボ

ホソミシオカラトンボ

ホソミシオカラトンボ

トンボ科シオカラトンボ属
体長:約45~55㍉
生息環境:池沼や湿地
生息時期と分布:鹿児島県トカラ列島より南にほぼ一年中生息する
特徴:シオカラトンボより少し小型

ヤンマー山下様

2018年5月6日 日曜日 11:06

📝

 

毎度‼️

 

石垣島遠征第5、6弾

 


ミナミトンボ

ミナミトンボ

ミナミトンボ

ミナミトンボ

ミナミトンボ

エゾトンボ科ミナミトンボ属
体長:約50~55㍉
生息環境:水草多い池沼や河川の緩な流れなど
生息時期:4月上旬~11月上旬
特徴:エゾトンボ科の仲間は北海道や信州など北方系種が多いが、ミナミトンボ属は南方系種で腹部も北方系と比べて細くスマートだ
分布:鹿児島県種子島より南に生息

 

 

 


オオメトンボ

オオメトンボ

オオメトンボ

オオメトンボ

オオメトンボ

トンボ科オオメトンボ属
体長:約52~60㍉
息環境:樹林に囲まれた薄暗い池沼など
生息時期:4月中旬~11月上旬
特徴:腹部は全体的に非常に細いが、複眼が異常に大きくオオメトンボと命名。夕方など黄昏時に活動して縄張りもエゾトンボに似ているところがある
分布:鹿児島県奄美諸島より南に生息する

< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 >