YSP浜松

YSP袋井
YSP静岡東

TEL: 053-465-4545
営業時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日

YSP浜松ブログ

MT-07

MT-07 インプレッション

2014年8月12日 火曜日 17:07

お盆時期ということで、夏休みに入っている方も多いと思います。

皆さん、楽しくバイクに乗っていますか?

 

私は先週の水曜日、8月5日にようやく念願だった「MT-07」に長距離乗ることができました。
せっかく7月の末に当店試乗車の「MT-07」とご対面していたのに、仕事やら私用やらが重なってなかなか時間が取れず・・・。
店には連日、多くのお客様が「MT-07」を試乗しにご来店くださっているのに、スタッフである私はつま恋のコースで販売店向けに行われた試乗会での感想しかお話できず、大変すっきりしない日々を過ごしておりました。

 

 

 

例によって朝がニガテな私は、朝10時に家を出て店へ。
「MT-07」を起こして、いざ出発です!

 

今回の目的地は伊豆・大瀬崎に設定。
今年3月の月例ツーリング「海上から富士山を見よう!ツーリング」でルートに組み込んでいましたが、雨のため開催中止となってしまいました。

 


大瀬崎は個人的に興味がある場所。
海岸にある池が淡水らしいというのを聞いて気になっていますし、西海岸のワインディング状況も気になります。
そしてもちろん、良いスポットであればいつか月例ツーリングでリベンジしたい!
その時の下見を兼ねて、掛川市役所を経由して、一路伊豆を目指します。

掛川市役所にて

掛川市役所にて

掛川市役所にて

掛川市役所にて

 

この掛川市役所、一度は行ってみる価値のある建物です。
壁面一面ガラス張りで、内側は茶畑のような階段状デザイン。開放的な空間や防霜ファン、壁の外側にあるエレベーターなど見どころたくさんですよ!

 

 

 

・・・おっと!
ちょっと寄り道してしまいましたね。

 

 

 

 

 

掛川市役所を出た私と「MT-07」は、国道1号線バイパスを沼津市方面に向かって走り抜けます。
海沿いの道まで出て、海岸線を走り琵琶島とも呼ばれる目的地・大瀬崎に到着!


さぁいざ、”海はすぐそこなのになぜか淡水の池・神池”の近くまで行ってその謎を検証!!
・・・・する元気はなく、峠の上から眺めただけで終わってしまいました。
・・・・私は何しにここまで来たのかしら!?


休日ですし、そんな勝手気ままできるのがソロツーリングの楽しさでもあります。
それに、月例ツーリングで来る時のお楽しみもとっておかなくちゃねぇ!! (←・・・。)

 

 

 

 

 

神池を眺められるスポットを後にし、偶然入った峠の喫茶店が絶好のロケーション!
思わぬとろこで良い景色のスポットを発見しちゃいました。
近くまで行けば必ず目に留まる場所にありますので、お近くへ行かれた時にはぜひ!!

良いロケーションの喫茶店発見!

良いロケーションの喫茶店発見!

 

 

 

 

 

 

さて、随分と前置きが長くなってしまいました。
私の勝手気ままなソロツーリングに付き合ってくれた「MT-07」の感想をお伝えしたいと思います。

 

 

まず最初に挙げるとすれば・・・サスペンションが動く、動く!!!
私は、あまりサスが動きすぎると不安定さを感じたりするのですが、このバイクでは感じませんでした。

思い込みかもしれないけれど、他のモデルでは円を描くように感じるリアサスペンションの上下動が、「MT-07」では、まるでフロントフォークのような上下動をしているように感じました。

これは、出荷時に履いているタイヤとのマッチングが非常に良いこととも関連しているのかもしれません。
戸田〜修善寺のワインディングでのコーナリング中、まるで1.5倍くらい太いタイヤを履いているんじゃないかと思うような安定感がありました(ビビリの私は、ちょっとでも滑るのが怖いのです)。

フロントのサスペンションも、正立フォークの程良い“しなり”が今回の約400kmのツーリングには非常に好ましかったです。

私が若い頃、某メーカーのマニュアルシフトについて“温めたナイフでバターをかき混ぜる感覚で気持ち良い”というような表現でよく評されていました。
「MT-07」も細かな部分を除けば当てはまり、よくこの価格で実現させたなと思うほどに車両全体が良く出来ていると思います。

 

 

 

 

逆に、乗っていて少し気になったことも。
全体的に良くバランスが取れているので取り立てて言う必要もないのですが、リアブレーキペダルの横方向の剛性とシートの角が少し気になりました。
もっとも、私が感じるような箇所は各メーカーさんがパーツ開発をしているでしょうけど。
この辺のアップデート・モデファイパーツ類が色々出てくると、オーナーさん達もより楽しめますよね。

 

 

 

 

 

そして、ボクのかわいい「MT-09」とどうしても比べたくなるのですが・・・・


うぅぅぅぅぅ〜〜〜〜ん、どちらも面白い!

 

なんと表現したらいいのか困りますが、「MT-09」が積極的に機械を操って楽しみ、そして、操りきれない部分に更なる楽しみを感じるのに対して、
「MT-07」はアクセルワークとハンドリングを主に楽しみ、それをいかに引き出して気持ち良く乗るかに主眼をおいて楽しみたいバイクだと私は思いました。


どちらも初心者でも乗ることができる面白いバイクですし、ライディングスキルが上がれば上がっただけ高度なライディングを楽しめるとも思います。
皆さんはどのように感じるのかなぁ。
味付けの好みやどんな楽しみ方をしているか、スキルによって感じ方が異なるでしょうから、まずはたくさんの方に試乗していただき、「MT-07」と「MT-09」をどんな風に感じたかお聞かせいただきたいです!

 

 

 

 

最後に、いつもの走行データもご報告します。
今回の走行での燃費は26.9km/L でした。
往路は下道でしたが、復路は沼津ICから袋井ICまで高速。そこから市街地を抜けてYSPまで戻りました。
ガソリン計の最後のメモリが点滅して給油したのですが、入ったのは10.49リットル。点滅は予備タンク表示と思いますので、およそ2.5リットル残っていたハズ。
カタログに記載されているWMTCモード値が24.1km/L ですから、なかなかいい感じかな♪

 

煌めきの丘にて

煌めきの丘にて

 

 

今回も、長く拙い感想にお付き合いいただき有難うございました!
ぜひ多くの方と「MT-09」や「MT-07」について語り合いたいと思いますので、お時間のある時にYSP浜松へ遊びに来て下さい。

営業 鈴木

 

MT-07 YSP浜松からのお知らせ

2014年7月31日 木曜日 16:35

先週、YSP浜松にやってきたYAMAHAの2気筒ニューモデル「MT-07」

 

早速、たくさんの方に当店へ足を運んで頂き「MT-07」をご体感いただいています!

「MT-07」試乗できます♪

「MT-07」試乗できます♪

 

 

注目を集めているモデルということで、ご試乗の際、
少しお待ちいただくこともありますので、
予めご連絡いただき試乗車の空き状況を確認してみてください。

 

また「MT-09」の試乗車もございますので、
お時間に余裕がありましたら、07と09の乗り比べもしてみてくださいネ(^_-)-☆

 

ご来店、お待ちしております!

BOLT MT-07 MT-09 YSP浜松からのお知らせ

2014年7月22日 火曜日 17:31

YSP浜松新車ショールームの入口に、
MTシリーズの「MT-09」と「MT-07」、
そしてボバースタイルクルーザー「BOLT」がそろいぶみっっっ♪

やぁ!

やぁ!

で〜ん

で〜ん

でで〜〜〜ん

でで〜〜〜ん

MT-07 ニューリリース

2014年7月16日 水曜日 13:54

8月20日に発売となる2気筒689ccスポーツ「MT-07」

 

皆さまよりも一足先に販売店向け試乗会でその乗り味を体感してきた
営業鈴木は、グイグイと前に出て行く感じが気持ち良くて楽しくて、
とってもお気に入りの「MT-09」からの浮気ゴコロが芽生えたとか。

 

「MT-07」スペシャルサイトに掲載されている
コンテンツのひとつ開発ストーリー
このプロローグ部分に“ワクワク”という言葉が何度も登場しています。

MT-07スペシャルサイト|開発ストーリー

MT-07スペシャルサイト|開発ストーリー

 

 

この開発ストーリーを読むと、“ワクワク”は「MT-07」開発にとって重要なキーワードで、
実際に試乗した部長は、見事に“ワクワク”を刺激されていたんでしょうね。

うぅ、早く自分も乗ってみたいっっっっ!!

 

 

こちらの動画は、「MT-07」がヨーロッパでデビューする際に行われたイベントの模様。
カナリア諸島のひとつ、ランサローテ島に欧州11ヶ国から招待された方々が、
製品の説明を聞いたり、実際に乗ってみたりしているのですが、
みなさんも“ワクワク”をバッチリ刺激されている様子。

 

「MT-07」が当店にやって来るまで、約1ヶ月程だと思われます。
スペシャルサイトを見たり、この動画を見たりしながら、
皆さまの“ワクワク”をより昂ぶらせてみてくださいネ(^_-)-☆

 

MT-07 YSP浜松からのお知らせ

2014年7月11日 金曜日 11:56

8月20日にいよいよ国内販売される2気筒エンジンを搭載した
“普段着感覚”のスマートなスポーツバイク「MT-07」

 

その製品カタログが、純正アクセサリーカタログと一緒に
YSP浜松へ入荷してまいりました♪

「MT-07」製品&アクセサリーカタログ

「MT-07」製品&アクセサリーカタログ

 

 

「MT-07」の車両本体が入庫してくるまでの約1ヶ月間、
このカタログをパラパラとめくって、イメージを膨らませてくださいネ(^_-)-☆

 

また、5月末に開催された販売店向け試乗会で
一足お先に「MT-07」を体感させてもらった部長・鈴木のインプレッション
合わせてご覧いただけたら嬉しいです♪

MT-07 MT-09 スタッフのつぶやき

2014年6月12日 木曜日 14:37

今年の4月に国内デビューを果たした新開発3気筒エンジンを搭載した
“シンクロナイズド・パフォーマンス・バイク”「MT-09」

 

日本国内モデルとしての“MTシリーズ”はこの「MT-09」だけですが、
ヨーロッパなどでは既に派生モデル「MT-09 Street Rally」が発売されています。
(あと「MT-07」とか「MT-125」とかも)

 

「MT-09 Street Rally」と言えば、昨年のミラノショーで発表され、
オフィシャルムービーなどにバレンティーノ・ロッシ選手を起用。
真っ暗なコースをリアタイヤ滑らせながら走るシーンとか、
オオカミとロッシ選手の2ショットとか、とても印象的なムービーでした。

 

 

 

 

 

 

あれから約半年。
「MT-09」の派生モデル第2弾となる「MT-09 Sport Tracker」
ヨーロッパヤマハのラインナップに加わりました。

「MT-09 Sport Tracker」

「MT-09 Sport Tracker」

「MT-09 Sport Tracker」

「MT-09 Sport Tracker」

 

 

派生モデル第2弾は、スクランブラースタイルの「MT-09」。

ヘッドライトの上とお尻付近、計3枚のゼッケンプレートや、
カーボンのショートフロントフェンダー、
ワイドフットペグやニーグリップパッド、フラットなツートンシート、
マットブラックのフレーム、マットブロンズのホイールなどが特徴とのこと。
アクラポビッチのエキゾーストは、ヤマハ純正アクセサリーとして設定されているようです。

 

 

Street Rallyも今回のSport Trackerもいずれ日本デビューするのかな!?
また何か情報が入りましたら、ご案内いたします!

 

1 2 3 >