YSP浜松

YSP袋井
YSP静岡東

TEL: 053-465-4545
営業時間:10:00〜19:00
定休日:水曜日

YSP浜松ブログ

スタッフのつぶやき

2017年10月31日 火曜日 16:24

東京モーターショーレポート第2弾です。

 

YAMAHAブースステージ上には、今回世界初披露されたワールドプレミアモデルの「MOTOBOT Ver.2」「MOTOROiD」「TRITOWN」「MWC-4」。

YAMAHAブースステージ

YAMAHAブースステージ

 

 

正直に言えば「TRITOWN」を出展するというリリースを読んだ時には、進化した「MOTOBOT」や「NIKEN」に比べると、それほど心動かなかったんです。なんて言うか…近年の東京モーターショーがテーマにしているものをキレイに形にしたって第一印象を抱いて軽く流しちゃったんです。
でも、ステージ上を走る「TRITOWN」をこの目で見てから、この乗り物が実用化されたら〜って妄想を何度もしています。

「TRITOWN」はちょこんとそこに、いた

「TRITOWN」はちょこんとそこに、いた

 

 

ステージの上の「TRITOWN」を見た時、“あ、いるな〜”って思いました。
TRICITYみたいにリーンした曲がるLMW機構だな〜とも。
あと、スター・ウォーズにこんな顔のドロイド出てきそうだなってのも頭に浮かびました。

 

 

でも!
よくよく見ると、自立してるんですよね。TRITOWN。

ノースタンド

ノースタンド

 

 

そして、ステップに足を乗せる時もその上でリズミカルにダンスをする時も安定してる!

 

 

モデルさんの脚を見てると旋回する時にはそちら側に体重をかけてるのがわかります。

単なる“電動キックボード”じゃないし、みんなが乗れるパーソナルモビリティを考えていった時に、こういうものへたどり着くのはYAMAHAっぽいな、とも感じました。

 

アイシン精機のブースには、4つのモードに変形する「ILY-Ai」が出展されていたのですが、どちらも未来のパーソナルモビリティとしての提案で、前に2つ、後ろに1つタイヤを持つのも同じなのに、デザインはもちろん追い求める方向性がこれだけ変わるのか、と興味深いです。

アイシン精機の「ILY-Ai」

アイシン精機の「ILY-Ai」

 

 

近い将来、例えば大学のキャンパスの近所では、いろいろなメーカーが開発したパーソナルモビリティに乗って通学する学生さんの姿が普通になったりして!?

スタッフのつぶやき

2017年10月30日 月曜日 15:25

一般公開日初日の10月28日。
東京ビッグサイトで行われている「第45回東京モーターショー2017」へ行ってきました!

 

と、言うことで今日から少しずつレポートを書いていきたいと思います。どうぞよろしくおつきあいくださいませ(^^)

「東京モーターショー2017」ヤマハブース

「東京モーターショー2017」ヤマハブース

 

 

春に開催されるモーターサイクルショーは西ホールで開催されることが多いけど、今回のモーターショーではヤマハはじめ国内4メーカーは「東7ホール」にブースがありました。
ビッグサイトと言えばお馴染みの、あの正面の入口から入ると結構歩きます。
バイクで行くなら二輪専用の東雲臨時駐車場に停めて、東ゲートから入るとSUZUKI、HONDA、YAMAHA、Kawasakiブースが眼前にっっ!!

 

 

YAMAHAブースでは参考出展車の「CROSS HUB CONCEPT」がお出迎えしてくれました。

参考出展車「CROSS HUB CONCEPT」

参考出展車「CROSS HUB CONCEPT」

 

面白いシートレイアウトだな〜とか、ここにもあそこにも音叉ロゴがっ!!と隠れミッキーならぬ隠れ(?)オンサを探しながら後ろに回ってみたら・・・(✽ ゚д゚ ✽)

こういうことだったのかぁぁぁぁぁ。

CROSS HUB CONCEPTの後部には…

CROSS HUB CONCEPTの後部には…

 

 

 

CROSS HUB CONCEPTの後部にはバイクが2台積載できるってのは、プレスカンファレンス後に公開された情報で知ってましたよ。
あと、「YZ450F」と「PW50」が出展されるのも展示車輌一覧見てたから知ってた。
でも、こんな風に展示されるとは想像してなかったからビックリしたのです。

ショー仕様なYZ450FとPW50

ショー仕様なYZ450FとPW50

 

 

このショー仕様、かっこいい!
乗って遊ぶ時には向いてないけれど、カフェとか美容院とかオフィスの一角にインテリア的に置いてあるところもあるじゃないですか!? ああいうオシャな場所にはこの外装ピッタリだと思うんだよな〜♪

イベント

2017年10月26日 木曜日 19:02

2018年モデルの予約を12月10日まで受付中の競技用モトクロッサー「YZ450F」
新スペックエンジン&新仕様を織り込んだミッションによりパワーユニットのパワー感、操作性などを向上させ、新設計のバイラテラルビーム・フレームなどの採用により旋回性、走破性もUP。レース中での始動、再始動の容易にするセルフスターターを採用した他、スマートフォンでユーザー自身がきめ細かいエンジンセッティングを可能とする新パワーチューナーも搭載しています。

YZ450F

YZ450F

 

9月上旬にスポーツランドSUGOで行われた試乗会で大幅に進化した2018年モデル「YZ450F」に乗ったメディアの皆さんのインプレッションは各雑誌やYamaha Motor Lifeの記事でご覧いただけますよ♪

 

 

そして、来月11月末までの期間、全国各地で「YZ450F」を含むYZシリーズに試乗できるイベントが開催されているんです。いち早く2018年モデルを体感できるチャンス!
中部エリアからは11月25日(土)に開催される三重県のいなべモータースポーツランド会場が一番アクセスしやすそうですね。

11/25(土)開催「オフコンペモデル試乗会@いなべモータースポーツランド」

11/25(土)開催「オフコンペモデル試乗会@いなべモータースポーツランド」

 

 

「オフコンペモデル試乗会@いなべモータースポーツランド」は、当日受付・参加無料の試乗会。
ただし、モトクロスコースでの走行となるため、コース走行に適した装具を各自でご用意くださいね。

 

 

 

2018年モデルYZ450F、実際に乗ったらどんな感じなんでしょうね〜。

こちらのムービーは360度VR動画のようです。VR視聴環境なくても心躍ります♪

 

 

 

 

 

走行&2018年モデルの新機能を紹介しているムービーも合わせてどうぞ!

 

 

 

 

スタッフのつぶやき

2017年10月25日 水曜日 16:35

YAMAHA海外向けモデルの輸入・販売を行うプレストコーポレーションのWebサイトがリニューアルされました。


スペック等の基本的なモデル情報はもちろん、旧サイトでも車輌検討時に参考になるオーナーズリポートはデザインが変更されて継続。そして個人的にお気に入りなのが新しく加わったVOICEというコンテンツ。製品に対する所有欲や憧れをくすぐってくれるコラムです。スマホにも対応したNewサイトを要チェック!!

 

 

プレストコーポーレーションWebサイト

プレストコーポーレーションWebサイト

 

 

プレストコーポレーションでは、サイトリニューアルを記念したSNSキャンペーンを実施中。
Twitter、Instagram、Facebookのフォロー&いいねでMotoGPライダーのバレンティーノ・ロッシ選手とマーベリック・ビニャーレス選手のサイン入りキャップが当たる!!

 

 

 

 

プレストHPリニューアル記念のプレゼント企画です! オーストラリアGPでダブル表彰台を獲得した、V・ロッシとM・ビニャーレスのサイン入りキャップをそれぞれ一名様にプレゼントします。 1️⃣プレストを”フォロー” 2️⃣コメント欄にロッシかビニャーレスか希望を明記 TwitterとFacebookでも開催しており、二重当選はできませんが、Instagram含めて三回ご応募いただくことはできます!計6名様にプレゼントします! なお、当選連絡はメッセージで行います。 今週末締め切りです、皆さまぜひご参加ください! https://www.presto-corp.jp/

株式会社プレストコーポレーションさん(@prestocorp_pr)がシェアした投稿 –

 

 

ニューリリース

2017年10月24日 火曜日 19:00

YSP浜松に2018年モデルより新色追加されたビビッドレッドカクテル1の「XSR900 ABS」が入荷してまいりました〜♪

「XSR900 ABS」ビビッドレッド入荷

「XSR900 ABS」ビビッドレッド入荷

「XSR900 ABS」ビビッドレッド入荷

「XSR900 ABS」ビビッドレッド入荷

 

 

往年のスポーツモデルを彷彿とさせる燃えるようなレッド!
ぜひ店頭にて直接この色合をご覧くださいネ(^_-)-☆

 

 

そして。
みなさまお待ちかね、間もなく日本国内デビューする「XSR700」も近日中に入荷予定です!!
こちらもどうぞお楽しみに〜ヽ(=´▽`=)ノ

< 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 >