YSP浜松・袋井・静岡東

YSP浜松 YSP袋井 YSP静岡東
YSP浜 松 : 053-465-4545
YSP袋 井 : 0538-43-4646
YSP静岡東 : 054-265-4546

ツーリング ほっと PHOTO

2016年9月

ヤンマー山下様

2016年9月28日 水曜日 21:12

📝

 

毎度‼

 

先月は東北青森県へ北方系蜻蛉道をMT-09 TRACERで実施して、北海道と青森県一部しか生息しない北方系マンシュウイトトンボ♀を。

8月は青森で北方系蜻蛉を

8月は青森で北方系蜻蛉を

青森で採取したマンシュウイトトンボ♀

青森で採取したマンシュウイトトンボ♀

 


そして今回は、正反対の九州鹿児島へ行き、九州より南に生息する南方系リュウキュウベニイトトンボ♀を採取。

鹿児島にて

鹿児島にて

リュウキュウベニイトトンボ♀

リュウキュウベニイトトンボ♀

 

 

 

どちらも同じイトトンボ科の仲間だが、それぞれ約2,000km離れた青森と鹿児島を生息地としており、北と南正反対の蜻蛉である。しかし、リュウキュウベニイトトンボは北上傾向にある。

 

浜松~青森迄約1,000km、鹿児島迄は約1,050km、浜松がほぼ中間で、直線距離だと鹿児島の方が遥かに近い。狭いようで長い日本。

ちなみに、こないだ🚅に乗った時に気づいたが、🚅にはせんだい駅が2つあるのが分かった‼

1つは東北新幹線仙台駅‼東北最大政令指定都市杜の都仙台‼
もうひとつは九州新幹線鹿児島中央駅の次の駅川内駅だ‼鹿児島県薩摩川内市で、合併前は川内市であった‼
仙台と川内なんか面白い発見だ‼

 

 

 

 

ヤンマー様、レポートありがとうございます😄
マンシュウイトトンボもリュウキュウベニイトトンボも同じように見えるのに…別の種類なんですよね。
“せんだい”だって北と南にあるし……。
ネーミングの由来を知りたいっっ!!

ヤンマー山下様

2016年9月25日 日曜日 18:33

📝

 

毎晩‼

 

蜻蛉道4番勝負を達成して、僅かな鹿児島県滞在だったが、オレの今回の目的は蜻蛉道で観光ではない。
あくまでも目標の蜻蛉が達成されれば帰還するのがオレの任務であるが、薩摩ラーメンは食い、旨かった。

 

そして帰りの🚅で🚅とオレをお見送りしとるようにみえる桜島‼

新幹線の車窓から

新幹線の車窓から

桜島がお見送り

桜島がお見送り

 

 

オレが乗る🚅

これに乗って帰る

これに乗って帰る

鹿児島中央駅を出発

鹿児島中央駅を出発

 

 

・・しかし鹿児島県遠征は今回は達成したが、課題はある為、来年度再び行く予定、その時はMT-09 TRACERで出動だ‼

 

 

 

 

ヤンマー様、レポートありがとうございます😄
4種のトンボとの出会い、おめでとうございました!
トンボを達成してとんぼ返り!?

 

鹿児島中央駅を出ると次は“せんだい”・・・。
わかっていても「ん?」ってなりますね(^^)

ヤンマー山下様

2016年9月25日 日曜日 16:50

📝

 

毎度‼

 

指宿市某生息地へ移動して今回最後の第4番勝負はハラボソトンボ。

ハラボソトンボ

ハラボソトンボ

ハラボソトンボ

ハラボソトンボ

 

トンボ科シオカラトンボ属
体長:約50~60ミリ
生息環境:開けた池沼や湿地
特徴:シオカラトンボの仲間であるが、腹部が細いためハラボソトンボと命名された
分布:北九州市より南部に生息する南方系蜻蛉

 

 

今回の南九州鹿児島県南方系蜻蛉4番勝負は13時23分目標達成され任務遂行した\(^-^)/状況終了、浜松に向け帰還する‼

目標達成され任務遂行

目標達成され任務遂行

 

 

 

 

鹿児島市に向けてレンタカーを走らせる途中、休憩した時に撮った、鹿児島湾と遠く桜島‼

遠くに桜島

遠くに桜島

 

 

 

 

達成した喜びで思わず、薩摩ラーメンを!

薩摩ラーメンを食す

薩摩ラーメンを食す

 

旨い😋

 

 

先月は東北青森県で北方系蜻蛉2種達成で、今回は正反対の鹿児島遠征で南方系蜻蛉4種を見事達成した✌

 

 

 

 

 

ヤンマー様、レポートありがとうございます😄
ハラボソトンボさん、その名前が命名されたのに納得するほど、お腹が急に細くなっているんですね〜。

 

薩摩ラーメン、美味しそ。

ヤンマー山下様

2016年9月25日 日曜日 16:28

📝

 

毎度‼

 

蜻蛉道・第3番勝負はアオビタイトンボ。
青い方が♂で、虎色が♀である。

アオビタイトンボ♂

アオビタイトンボ♂

アオビタイトンボ♀

アオビタイトンボ♀

 

トンボ科アオビタイトンボ属
体長:約33~43ミリ
生息環境:池沼
分布:下関周辺山口県より南に生息するが、リュウキュウベニイトトンボ同様地球温暖化の影響か北上傾向にある南方系蜻蛉
特徴:前額に青い金属光沢がある為、アオビタイトンボと命名された

 

 

続いて第4番勝負の舞台となる日置市から指宿市の某生息地へ移動💨

 

 

 

 

 

ヤンマー様、レポートありがとうございます😄
おでこが青いから“青い額のトンボ”でアオビタイトンボ・・・うん、わかりやすいっっ!!

ヤンマー山下様

2016年9月25日 日曜日 16:15

📝

 

毎度‼

 

蜻蛉道・第2番勝負。
最初のリュウキュウベニイトトンボ達成して僅か10分後に、2種目となるベニトンボ♀が達成した✌

ベニトンボ♀

ベニトンボ♀

 

 


2013年徳島県美波町で採集した♂は名前の通り紅色だが、♀は橙色である。
しかし、どちらも美しいことには変わりはない‼

ベニトンボ♂

ベニトンボ♂

 

 

 

 

 

続いて第3番勝負へ‼

 

 

 

ヤンマー様、レポートありがとうございます😄
オスのベニトンボの写真は2014年に四国で出会った時のものですね!?

同じ種類のトンボでも、オスとメスとでは色もボディラインも異なるんですね。

1 2 3 4 5 6 7 8 >