YSP浜松・袋井・静岡東

YSP浜松 YSP袋井 YSP静岡東
YSP浜 松 : 053-465-4545
YSP袋 井 : 0538-43-4646
YSP静岡東 : 054-265-4546

ツーリング ほっと PHOTO

SAG48様

SAG48様

2015年11月5日 木曜日 23:49

📝

 

11月1日、国境を越え天空の里までツーリングしてきたので、レポートします。

 


朝7時50分に自宅出発。
天竜川右岸の堤防道路を北上、天竜からはR152をひたすら北上しました。
水窪町の「国盗り」で最初の休憩をした後、遠州と信州の国境、兵越峠を目指しました。


兵越峠付近はいい感じで紅葉しておりましたが、信州側に入ると紅葉は更に進んでおり、山全体がオレンジに色付いていました。

紅葉を楽しみながら

紅葉を楽しみながら

紅葉を楽しみながら

紅葉を楽しみながら

 

道の駅遠山郷で2回目の休憩をして、R152を更に北上、今回の目的地である「下栗の里」へ続く道路の上り口に至りました。

道の駅遠山郷にて

道の駅遠山郷にて

下栗の里を目指す

下栗の里を目指す

 



そこからの上りは、勾配もカーブも急、道幅は狭く、バイクでなければ厳しい道路。
どうにか集落の一番上まで上がって行くと、何故か駐車場前は車の大渋滞。
なんとこの日は「下栗ふれあい祭」が開催されており、多くの人で賑っていたのでした。

駐車場は大混雑

駐車場は大混雑

 


ふれあい祭会場では、縄ない競争の真っ最中でしたが、それには目もくれず、無料サービスのきのこ汁をいただきました。下栗の里で採れる6種のきのこが入っており、大変素朴な味でした。

下栗ふれあい祭り開催中

下栗ふれあい祭り開催中

 

 

 

 


そして、いよいよ有名なビューボイントに向けて出発しました!
駐車場からは徒歩で約20分。急な坂道の舗装道路と、すれ違いが困難な山道を進むと、バイク雑誌等でお馴染みの、「日本のチロル」と言われる、あの絶景に出会うことができました!

日本のチロル

日本のチロル

 



しばし絶景を楽しんだ後、駐車場まで戻り、下栗の里唯一の味処「はんば亭」で、お昼ご飯に、天空そば定食をいただきました。
コシのあるそば、季節の煮物、下栗芋のコロッケ、きのこご飯、いずれも地元産の食材を使った料理で、大変美味しゅうございました。

天空そば定食

天空そば定食



(下)に続く

 

 

 

 

SAG46様、レポートありがとうございます😄
もう紅葉が楽しめる季節ですね〜。
木々は“サービス”しているつもりなんてちっともないのでしょうけれど、季節によってこんなにも異なる姿を見せてくれて、サービス精神旺盛だなと思います。

 

縄ない競争も気になりますが、きのこ汁もとても気になります!
きのこ達は複数の種類が合わさると掛け算のように旨味が増すとかなんとか!?

 

「日本のチロル」と呼ばれるこの絶景スポット、以前もこのblogに登場したことがあります。写真や画面を通じて見るのとは異なる、その場にいるからこそ見える景色もあるのでしょうね。いつか行くんだっっ♪

SAG48様

2015年10月31日 土曜日 15:35

📝

 

須走浅間神社を後にして、R138を北上。籠坂峠を越え、山梨県に突入しました!!

山中湖、忍野八海、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖の順に世界遺産構成資産を巡ってきました。

山中湖より

山中湖より

忍野八海

忍野八海

西湖より

西湖より


山梨県側から見た富士山は、山頂付近が雪で覆われており、また、笠雲がかかったりと、様々な表情を見せてくれました。

 

 

 


道中、道の駅富士吉田では名物吉田のうどんを、道の駅朝霧高原では牛乳ソフトを食し、最後に、浅間神社の総本山である富士山本宮浅間大社(富士宮市、もちろん世界遺産構成資産)に参拝してきました。

富士吉田では吉田のうどんを

富士吉田では吉田のうどんを

道の駅朝霧高原

道の駅朝霧高原

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

富士山本宮浅間大社

 



富士山を反時計回りにぐるっと一周。
富士山の美しさを再発見し、富士山からパワーをもらったような気がしたツーリングでした。

 

 

 

 

 

SAG46様、レポートありがとうございます😄
ぐるりとまわって、いろんな角度から富士山をご覧になったのですね!
しかも、おうどんのお供にも富士山がいるじゃないですかっっ。
(コップ、逆さ富士?ですよね!?)

 

こうしてレポートを通じて世界遺産群を擬似的にめぐることができて、自分もパワーをおすそ分けしてもらったような感じがします。
時間のある毎に訪れたいツーリングルートですネ。

SAG48様

2015年10月31日 土曜日 15:11

📝

 

10月24日の土曜日、富士山周辺をソロツーリングして来たのでレポートします。

 


早朝5時に自宅を出発。
島田まで下道で移動し、新東名で島田金谷ICから新富士ICまでワープ。新富士ICから最初の目的地、富士宮市にある山宮浅間神社を目指しました。
この神社、一見ごく普通の神社なのですが、普通と違うのは、本殿がなく正面に富士山を望む遥拝所があるということです。そして、富士山世界遺産の構成資産なのです!

山宮浅間神社

山宮浅間神社

 

 



続いて、同じく富士宮市にある村山浅間神社へ。
こちらの神社も、本当にごく普通に集落にあるような神社ですが、実は世界遺産構成資産なんです!

村山浅間神社

村山浅間神社

 

 

 



両神社を参拝した後は、富士山スカイラインへ向かい、富士宮口の五合目駐車場を目指しました。
西臼塚駐車場周辺まで来ると紅葉がかなり進み、色付いた木々越しに荒々しい山肌の富士山をくっきり見ることができました。

富士山と紅葉

富士山と紅葉

富士山と紅葉

富士山と紅葉


富士山をこんなに間近で見たのは初めてで、感動!!と同時に、富士山は火山なんだと改めて実感!
富士宮口の駐車場まで上る区間でも、木々が紅葉し山が燃えるような景色でした。

富士山と紅葉

富士山と紅葉

富士宮口五合目にて

富士宮口五合目にて

 

 



五合目駐車場は、一般車両が通行可能な最高地点であり、標高は2400m!
まさに雲上の世界で、愛鷹山の頭が雲の上に出ているくらいで、その他は雲の下に沈んでいました。

雲上の世界

雲上の世界


一方、富士山の山頂は、手が届きそうなくらいで鳥居までくっきりと見ることができました!!
また、富士山スカイラインでは、野生の鹿が道路を横断する場面にも出くわしました。

 

 

 


続いて、須走にある浅間神社を参拝。この神社は須走口登山道の起点だそうで、やはり世界遺産の構成資産です。

富士浅間神社

富士浅間神社



(下)に続く。

 

 

 

 

 

 

SAG46様、レポートありがとうございます😄
「富士山を書きなさい」と言われたら、青と白のクレヨンを使って描こうとしちゃいますけど、この火山らしい山肌の富士山もまた美しいですね。
さらに真っ青な空と、赤や黄色に色づいた木々とのコントラストもステキ。

 

眼下に雲が広がる景色は、このblogでも何回も登場していますが、見るたびに「工夫すれば歩けるんじゃないか!?」と考えてしまします。
雲の上には青空が広がっているけれど、この時雲の下から見る空はどんなだろう???

SAG48様

2015年9月26日 土曜日 18:44

📝

 

志賀草津道路へ、再び!

横手山ドライブインをはじめとした眺望地点で度々バイクを停め、絶景を眺めます。
遠くには北アルプスも!?

横手山ドライブイン

横手山ドライブイン

北アルプスも!?

北アルプスも!?

 


長野県と群馬県の境に建つ渋峠ホテルは、壁の色が長野側と群馬側で違っています。面白い!

県境で壁の色が違う渋峠ホテル

県境で壁の色が違う渋峠ホテル

 

 


そして、この日は、快晴の渋峠 日本国道最高地点!
小さな駐車スペースは、自動車、バイク、そして、なんと自転車で賑っていました。渋峠まで自転車で上がってくるなんて、あり得ない…。

今日はいい天気!

今日はいい天気!

 

 



前日通らなかった万座温泉よりも東側の区間に進むと、白根山から強烈な硫黄の匂いが漂ってきます。
火山活動監視中のため、この区間は朝8時から夕方5時までが通行可能とのことで、途中、駐停車禁止区間もあったりします。
白根山付近の写真は撮れませんでしたが、山肌は白く、この世と思えない景色が続いていました。

 


駐停車できる所まで下り群馬方面を眺めると、ヘアピンカーブが続き、遠くには草津温泉の市街地が見えます。 遠くに見える山々は赤城山や日光方面かな?

遠くに見えるは赤城山?日光?面

遠くに見えるは赤城山?日光?

 

 



草津温泉の市街地は道路混雑のため湯畑には寄らず、嬬恋エコーラインを通って帰路につきます。
つまごいパノラマラインでは、一面のキャベツ畑の中を西へ東へ。
ツーリングに最適の快走路でした。

一面のキャベツ畑!

一面のキャベツ畑!

 

 



パノラマラインからR144を経由、K94の地蔵峠を越え、中山道を目指します。
R142沿いの長和町にある食事処ながと にて遅めの昼食で、二日連続の信州蕎麦、新蕎麦、最高です!!
ここの駐車場には、フェラーリやらランボルギーニが停まっていたため、バイクと一緒に写真をパチリ。

フェラーリや

フェラーリや

ランボルギーニと

ランボルギーニと

 

 



その後は新和田トンネルを経由し、岡谷ICから飯田山本ICまで高速を利用し、R151で浜松まで戻ってきました。
到着時刻午後7時10分、二日間の走行距離 約840kmでした。

 

 

 

 

 

 

SAG46様、レポートありがとうございます😄
1日目は標高が上がるにつれ雲が多くなっていましたが、2日目は見事なお天気だったんですね〜☀️
渋峠、このレポートblogにも何度か登場しているのですが、ここまで青空が広がっているのは珍しいのでは!? そりゃぁ、自転車でも上ってきたくなっちゃうかも!?(^^)

 

一面に広がるキャベツ畑も圧巻です。
この辺りはあまり大雨の影響を受けなかったのかな?

SAG48様

2015年9月26日 土曜日 05:23

📝

 

カヤの平キャンプ場は、奥志賀高原や木島平から、林道を数十キロ奥に入った場所にあるため、自然豊かで周辺には何も無く、携帯電話の電波も届かない日常から隔絶された場所です。

キャンプ場の夜は、霧が煙る中、焚き火をしてまったりと過ごし、午後11時頃に寝袋に潜り込むことに。

 

 


カヤの平では、明け方冷え込むとの予報でしたが、あまりの寒さに、午前3時半に目が覚めてしまい、ベストを着込んで再び寝袋に潜り込むものの、寝付くことが出来ず、仕方がないのでテントの外に出ることに。

テントの外に出ると、昨夜の曇り空ではなく、どこが天の川か分からないくらいの満天の星空が広がっていました。周辺には三脚を使い星空の写真を撮っている人たちがちらほら。

 


しばし外でウロウロした後、テントに戻り再びウトウト、気が付くと今度は朝5時半、外も明るくなって来ていたので、早速、キャンプ場内を散策。

カヤの平キャンプ場を散策

カヤの平キャンプ場を散策

カヤの平キャンプ場を散策

カヤの平キャンプ場を散策

カヤの平キャンプ場を散策

カヤの平キャンプ場を散策

カヤの平キャンプ場を散策

カヤの平キャンプ場を散策

 


カヤの平キャンプ場は、朝霧による幻想的な景色が有名だそうですが、この日はほとんど朝霧が発生していませんでした。
その代わり、空は雲ひとつない快晴!絶好のツーリング日和です。

ツーリング日和だ!

ツーリング日和だ!

 

 



朝食後、テントを撤収し、8時半にキャンプ場を出発。


白樺の林が美しい志賀高原では、紅葉はまだ少し早いようですが、赤くなり始めている葉っぱも見受けられました。

美しい白樺

美しい白樺

色づき始めている葉も

色づき始めている葉も

 



(下)に続く

 

 

 

 

 

 

SAG46様、レポートありがとうございます😄
さすが、いい季節の連休。キャンプ場はかなり賑わっていますね。

赤いスクーターは乗ってきた?持ってきた??

 

自然に囲まれつつ、開けた広場もあるようなので、天体観測にはピッタリな場所ですね!
満天の星空、キレイだろうな〜

< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 >